Sonic 3D Blast: Flickies Island

From the: Sonic 3D Blast: Flickies Island Japanese game manual
Japanese text from: Sonic Dimension

プロローグ

「カオスエメラルド─神秘の力を持つ、美しい宝石」

ある日、ソニックと友達のテイルス、そしてナックルズたちはミステリアスな島“フリッキーアイランド”を訪れました。言い伝えによるとこの島には“カオスエメラルド”という不思議な宝石が眠っていると言います。ソニックたちは、まずはじめにその宝石の手がかりとなる“フリッキー”という鳥を探すことにしました。

そのころはるか離れた上空で“フリッキーアイランド”を偵察するスパイ衛星がありました。

「ついに見つけたぞ、カオスエメラルドの眠る“フリッキーアイランド”!」

どこかで聞いたようなダミ声・・・悪の天才科学者“Dr.エッグマン”です。そう、この島のカオスエメラルドの言い伝えは悪の天才科学者“Dr.エッグマン”の耳にも届いていたのです。
彼は早速その宝石のありかを調べました。そしてそれを探し出すにはフリッキーを利用しなくてはならないことをつきとめました。

フリッキーを捕まえるために“フリッキーアイランド”へやってきたDr.エッグマン。しかしフリッキーの気配はどこにもありません。

「なんだ、この島は?!フリッキーなどどこにもおらんではないかっ!」

目の前には静まり返った森や山があるだけでした。しかしそのとき、遠くでまばゆく光るビッグリングが現われました。そしてそのリングの中からフリッキーの一群が飛び出してきたのです。フリッキーたちは木々にとまり、木の実を食べ終わると再びビッグリングへ帰っていきました。

「はは〜ん、フリッキーの謎がわかったぞ」

なんとフリッキーたちはビッグリングを使って亜空間を自由に行き来していたのです。そう考えたDr.エッグマンは早速“ビッグリング発生マシン” を完成させました。そしてフリッキーたちを捕まえ、次々とロボットの中に閉じ込めていったのです。

ソニックがやって来たのはその直後でした。フリッキーたちをロボットに閉じ込めているDr.エッグマンを見たソニックは叫びました。

「エッグマン!そこでなにをしている!!」

「ソニックまたお前か。しゃらくさい。もうこのワシを止めることはできんぞ。全てのカオスエメラルドを手に入れ、世界を征服するのだ。ダーッハッハッハッ!!」

そう言うと、Dr.エッグマンはエッグモービルに乗り込み、飛び去ってしまいました。

はたしてソニックはフリッキーたちを救出し、カオスエメラルドをDr.エッグマンより先に見つけ出し。彼の陰謀を阻止できるでしょうか?


Discuss

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-Share Alike 2.5 License.