Sonic & Knuckles

From the: Sonic & Knuckles Japanese game manual
Japanese text taken from: Sonic Dimension external.png

ソニック&ナックルズプロローグ
宇宙へ飛び立とうとした、Dr.エッグマンの大要塞・デスエッグを再び地上へと墜落させたソニック。そして、自らも空中へと放り出されたソニックが、風に流されたどり着いたのは、巨大なキノコが生い茂る“浮遊島”の奥深くにある森の中でした。
空中から島の火山に激突するデスエッグの姿を確かめていたソニックでしたが、まだ安心してはいませんでした。完全に破壊されていないデスエッグが、Dr.エッグマンの手によって復活するのは時間の問題だったからです。
再び意を決して、ソニックがデスエッグに向かおうと走り出そうとしたそのとき・・・茂みに隠された扉からナックルが現れ、辺りを注意深くうかがいながら森の中へと消えていきました。
ナックルの気配が消えるのを待って、その扉の前にあるスイッチらしきものをソニックが押すと、スルリと開いた扉の中から目映い光があふれだします。そして、扉の中をのぞいたソニックの目に映ったのは、光輝くスペシャルリング“スーパーリング”だったのです。

「このリングはいったい・・・・・?」

ソニックが好奇心に逆らいきれず、この不思議なスーパーリングに手を触れたその瞬間・・・甲高い音とともにソニックは見慣れない空間に飛ばされてしまったのです。
その空間は、見たこともない大広間でした。塵一つないその大広間には、厳粛な雰囲気の漂う祭壇が造られていました。その祭壇を見上げたとたん、思わず驚きの声を上げてしまったソニック。祭壇の中央には、まさに“マスターエメラルド” ともいえる巨大なカオスエメラルドが祭られていたのです。この祭壇はいったい何なのか?
ナックルはいったいここで何をしているのか?
伝説の“浮遊島”に隠された謎とDr.エッグマンの陰謀!
そして、ソニック最大のライバル・ナックルとの対決!

そう、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の冒険は、まだまだ始まったばかりなのです!

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-Share Alike 2.5 License.