Sonic the Hedgehog 3 story

From the: Sonic the Hedgehog 3 Game Manual
Japanese text taken from: Sonic Dimension external.png

ソニック・ザ・ヘッジホッグ3プロローグ
前回の冒険でソニックにコテンパンに壊された、Dr.エッグマンの要塞『デスエッグ』は、今まさに地上へと墜落を始めていました。
さて、それより地上に近いデスエッグの落下軌道上に、一つの巨大な雲のかたまりが浮いていました。そして、その雲の中にひっそりと隠れる巨大な影が・・・。
そびえ立つ山々、広がる森林・・・・・。その影は島でした。空中を漂う巨大な“浮遊島”だったのです。
火の玉となったデスエッグは、その“浮遊島”にもろに激突し< てしまいました。
崩れ落ちる山々、なぎ倒される森林。そのとてつもない衝撃は浮遊島を大きく傾かせ、その高度を次第に低くさせていきます。そして、ついに海面へ衝突する浮遊島。浮遊島は津波とも言える大きな波をうねらせましたが、海底へ沈みはしませんでした。デスエッグを抱いた浮遊島は、何事もなかったかのようにその巨大な姿を海上の上空にとどめていたのです。

それから数日後・・・・・
デスエッグと浮遊島の衝突のあった場所から遠く離れたある島。2本のシッポのキツネ・テイルスは、突然始まった強力なカオスエメラルドの反応を彼が発明したジュエルレーダーでキャッチしていました。

「この前の大津波と何か関係があるのかも・・・・・」

そう感じたテイルスは、ソニックのいる浜辺へと向かいました。そのころ、浜辺で昼寝をしていたソニックは、小さなリングが砂浜に流れ着いているのを見つけていました。古代文字らしきものが彫られている小さなリング。それを手にとったソニックは、ある『島』についての古い伝説を思い出したのです。
遠い昔、その島がまだ大陸の一部だったころ、そこには優れた文明を持った人々が暮らしていました。その文明は、ある“力の石”のエネルギーによって平和で豊かな社会を築いていました。しかしあるとき、“力の石”のエネルギーを我が物にしようとした長老一派が、誤ってそのエネルギーを暴走させてしまったのです。文明は一瞬にして滅亡し、歴史から消え去りました。そしてこの出来事があった後・・・・・天空から舞い降りた神々が文明の一部を“島”として修復し、“力の石”もろとも大空に放ってしまった・・・・・というのです。
流れ着いたリングと『島』の伝説・・・・・。何故か無性に懐かしさにかられたソニックは、再び冒険へと旅立つ決心したのでした。
墜落したデスエッグから脱出したDr.エッグマンは、浮遊島にカオスエメラルドがあることに気がついていました。デスエッグの開けた大地の亀裂からキャッチできる、巨大なカオスエメラルドの反応。そのエネルギーを使えば、デスエッグを再び宇宙へ飛び立たせることも可能なのです。
カオスエメラルドを手に入れるため、浮遊島に急ピッチで基地を建設していくDr.エッグマン。そして、動物たちをさらってロボットへと改造し、環境変化マシーンで浮遊島の自然をより厳しいものへと変えてしまったのでした。

「ダー----ッハッハッハッ!!ソニックよ、この島に来ても手遅れじゃ!今度こそカオスエメラルドとこの世界はワシのものになるのじゃーっ!」

さあ、役者も舞台も準備は万端。
今ここに『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の新たな冒険が始まるのです。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-Share Alike 2.5 License.