Sonic the Hedgehog 2

From the: Sonic the Hedgehog 2 Japanese game manual
Japanese text taken from: Sonic Dimension external.png

ソニックはいつもの気ままな冒険の途中に偶然、その島を発見した。気持ちのいい緑の草原が広がる小さな島だった。

「よし、しばらく休んでいこう」

ソニックの愛機トルネードは、廃棄煙で白い弧を描きながら島影に滑り込んだ。・・・・・そしてそれを追いかけるように怪しい光る物体が島の反対側に消えていった。
伝説の島『ウエストサイドアイランド』の伝説。遠い昔、その島の人々は不思議な石を使って文明を発展させ、思うがままの繁栄を手にしていた。だがその繁栄も、石の誤った使い方を試みた人々によって、一夜にして全てが無に帰し、不思議な石は神々によって島のどこかに封印されてしまったという。
島に到着してから数日たったある日、ソニックは自分の後ろを誰かがついてくるのに気がついた。振り向くと、それは小さなキツネだった。キツネはソニックに気付かれるとあわててヤシの木の影に隠れた。だが、ソニックが走り出すとキツネは一生懸命追ってくる。

「まあ、勝手にさせておこう」

別段気にもせず、ソニックはそう決めた。
『マイルス・パウア-』は小さなキツネ。
マイルスにはシッポが2本ある。だから、島の動物たちは彼を「テイルス」と呼んでいる。2本のシッポのせいでイジメられることもよくあった。でも、この島へやってきたソニックを見てからマイルスは変わった。決心したのだ。
「ボクも、かっこよくなりたい!」と。それからだ。マイルスが一日中ソニックの後ろを追いかけ回すようになったのは。
ある昼下がり。機械や乗り物が大好きなマイルスは、駆け出すようにそばに近づいていった。スマートなボディとシャープなラインを描く翼。その機体に見とれながら、反対側まで歩いてきたマイルスはドキリとしたように足の動きを止めた。反対側の翼の下でソニックが昼寝をしていたのだ。そして、マイルスがそっと向きを変え再び機体の向こうへ戻った時・・・・・
森のほうで閃光がきらめいた。それに続く大爆発と立ち上る火柱。降り注ぐ小石と木の破片。吹き飛ばされそうになり、飛行機の下に転がり込んだマイルスは状況が飲み込めず目をしば立たせた。その目の中に、赤く燃える森と何かを探すように地面を掘り起こすロボットたちが写り込んだ。やむことなく続く大爆発と島を覆っていく炎。それを呆然と見つめていたマイルスは、誰かの気配を感じて横を振り向いた。そこには燃え上がる森をにらみつけるソニックがいた。

「エッグマンめ・・・・・!」

そのつぶやきと同時に砂を蹴り上げ、森にむかっていった。何かが始まったんだ。とんでもないスゴイことが。そんな予感にとらわれながら、マイルスは無意識のうちにソニックの後ろを追って走り出していた・・・。

「ダーッハッハッハッハ!!」

森の中では聞きなれた下品な高笑いがこだましていた。
ヤツだ。Dr.エッグマンだ。

「ついに発見したぞ。カオスエメラルドが眠る島・幻のウエストサイドアイランド!あー、ソニックを追っかけてきてよかったわい。これでワシの究極兵器・デスエッグも完成するはずぢゃ。待っているのだぞソニック!今度こそ、今度こそ、おまえをやっつけてカオスエメラルドをそろえてみせる!そして、このドクターエッグマンが世界の征服者となるのだぁ!ダーッハッハッハ!!」

さあ、役者はそろった。
冒険と感動の幕が、いま再び切って落とされるのだ!

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-Share Alike 2.5 License.