Sonic the Hedgehog

From the: Sonic the Hedgehog Japanese game manual
Japanese text taken from: Sonic Dimension external.png

悪の天才科学者ドクター・エッグマンが、また悪巧みを抱き始めた。

「ソニック・・・・あのいまいまいしい、生意気なハリネズミめ。あいつのせいで、ワシの偉大なる計画はいつも台無しになるのだ。今度こそ、ワシの科学の力でひねりつぶしてくれる!フッフッフ・・・・」

ここサウスアイランドは、宝石や遺跡の宝庫。そして、幻の「カオスエメラルド」が眠るととも言われている。カオスエメラルドは、全ての物質にエネルギーを与える超物質。さらに科学技術によって核兵器やレーザー兵器にも利用できる。しかし、それを手に入れる方法は誰にもわからない。それというのも、このサウスアイランドは動き回っている島で、カオスエメラルドは島の作り出す歪の中に存在するからだ。そんなある日、島に危機が訪れた。ドクターエッグマンとその一味が島に降り立ったのだ。

「フッ、この島を全て掘り返してでも、必ずカオスエメラルド手に入れてやる」

エッグマンは島の一角に巨大な要塞を造り、開発に乗り出した。

「エッグマンめ。まだこりないのか?」

噂を聞いて、ソニックが駆けつけた。ドクター・エッグマンの嫌がらせはいつものことだ。これまでだって毎回、うまくあしらってきた。ドクター・エッグマンはソニックのことを宿敵だと思っているらしいが、ソニックにとっては相手じゃない。ところが、おや・・・・なんだか様子がヘンだ。

「見たかソニック!今回はいつもと違うぞ。島の動物たちをロボットにしてやったのだ」

「み・・・・みんなッ!」

「こいつらは皆、ワシの思い通りに動いてくれる。つまり島中がおまえの敵なのだ。ファーハッハッハハーッッ・・・・・ゲホッゲホッ・・・・。今度こそ世界は全てワシのものになるのぢゃ~」

タイヘンだ!行け!ソニック・ザ・ヘッジホッグ。
みんなが助けを待っている。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-Share Alike 2.5 License.